作編曲者のための
尺八講座

前へ 次へ

ーーー 試技  ーーー

さて、前章まででは、
尺八っぽい音を
単音でお聞かせしましたが、
この章では、
曲として、お聴かせいたします。

曲は、日本人なら誰でもご存じの
あの曲です。

-------------------------------

ハイ、なんの変哲もありませんね。
フルートにも聞こえちゃったりします。

-------------------------------
や、やるんじゃなかった…
ハァハァ…ゼィゼィ…
…ハァ…
お聴きのように、ムラ息とは
リズムも音程もヘッタクレも無いように
演奏したほうが「らしく」なると思いません?

-------------------------------
こ、これは……
流石に
「コレは無いだろー!」
と思うぞ、自分でも。

-------------------------------
なんか、唇から脳髄まで、
振動で、こそばゆくなったよ…
これも、ありませんね。

-------------------------------
前章で述べた色んな手を織り交ぜてます
ちょっとやりすぎかも…

-------------------------------
もうちょっと調子に乗ってみました。
このあたりからアドリブとも言いますな…

-------------------------------
もう、ヤカマシイことウルサイこと…

-------------------------------

思うに、
尺八と言う楽器は、
その、「らしさ」を前面に出すような演奏をしようとすると、
音楽の基本、すなわち、
「音程とリズム」
を、ある程度ブチ壊してしまうのも、
やむを得ないのかも知れません。
と、信じている尺八吹きが、なんと多いことか…


野口雨情本居長世
両先生に感謝を意を表しつつ、次の章へ。

(2006.03.31)
-------------------------------------------------

前へ 次へ

弦声竹鍵 TopPage